女性が出会い系で被害や危険な目にあわない為の注意点4つ

2018年11月6日出会い系の基礎知識, 出会い系まとめ

一昔前までネット上での出会いというのは敬遠されがちでしたが、インターネットの普及や携帯・スマホ普及に伴い出会いの手段として1つに選択肢になりました。

更にSNSが普及したことから、出会い系の立ち位置も気軽に愚痴を言いあえる仲から結婚相手のマッチングまで様々なジャンルへと幅を広げています。

しかし、匿名性があり未だにサクラを使った悪徳サイトが蔓延しているのも事実ですので、そういった手口に引っかかることなく、自分の求める出会いを実現できるようにするにはある程度の知識も必要です。

今回は女性が被害や危険な目にあわないための注意点を4つ紹介しておきますので、出会い系サイトやアプリを使用する前に参考にしてください。

メッセ・やりとり中の注意点

女性の場合、出会い系に登録すると男性からメッセがくることが多いでしょうが、「いっぱい来るから選べる」と優位に考えていると大間違いです。

ほとんどの人があなた自身に興味があるのではなく、あなたのカラダを求めているだけだと理解しておいてください。

無料の出会い系で匿名性のあるのであればいくらでもウソはつけるわけですし、まずメッセをもらったら「選ぶ」ではなく「見極める」と考えましょう。

私の経験上、勘違いしている女性はほとんどなんらかの被害にあっていますので、勘違いだけはしないようにしておきましょう。

男性の目的が何かを見極める

男性の目的が何かを見極める

男性が出会い系を利用している場合に1番多いのはカラダ目的であり、無料の出会い系の場合は8割を超える男性がセックスしたさにメッセしてくると思っておいて間違いないです。

そんなに多いの?と思うかもしれませんが、ほとんどの男の頭の中はセックス=ゴールになっており、とにかくセックスができればOKという人は多いです。

特に無料の出会い系で匿名の場合は、ウソをついているパターンも多いので、会ったとしても1度目でカラダを許すのは絶対に避けましょう。

その後すぐに連絡がとれなくなったりしますし、場合によってはホテルで財布の中身を抜かれたセックスで中出しされたという人も多いです。

画像などの悪用・流出は一生困る

極端な話ですが「出会い系をしていたのをバラすぞ」といわれ恐喝されたケースなどもあるので、安易に誰にでも画像を送信するのは良くありません。

出会い系の場合、女の子でも裸の画像やオナニー画像などを送ってくれる子もいますが、悪用などを考えるとそういった画像も送ることはやめましょう。

私も相当数の女の子に画像を送らせてきましたが、私のように見て終わりという人ばかりではないので、安易に送るのは絶対NGです。

1度ネットなどに流出してしまうともう止めることができないので、一生そのことを背負って生きていけないといけません。

出会い系での金銭的被害

出会い系サイトや出会いアプリでは毎年多くの男性が色んなタイプの被害にあっているわけですが、女性も中にも被害に合っている人はいます。

私のもとにもそういった相談などはよく来ますが、知識を持っていれば心配することのない問題が多いのも女性の出会い系被害の特徴です。

女性を対象にした出会い系サクラサイトでは数年前でも月に1億ほどの売上を出しているサイトもありましたし、今でも女性を対象にしたサクラサイトは存在しています。

被害に合うまでのパタンーは色々とありますが、少しでも危険を避ける為に最低限注意しておくべき点を紹介しておきます。

他サイトへの誘導による被害

他サイトへの誘導による被害

出会い系を利用する際には1番初めに注意しておくべきことですが「こっちで連絡とりたい」「ここから連絡して」などの他サイトへの誘導には絶対に引っかからないようにしておきましょう。

1度LINEを経由して他サイトへ誘導というパターンもありますし、私の知っている中では長いところで女性とやり取りをはじめて10日目で出会い系サイトに誘導というサクラサイトもあります。

手法は時代によって変わりはしますが、あくまで「このサイト・アプリで仲良くなろう」という姿勢は崩さないようにしておきましょう。

おいしい儲け話による被害

おいしい儲け話による被害

意外と多いがおいしい儲け話を餌に寄ってくる男性で、「お金に困ってませんか?」とか「簡単なバイトしませんか?」などの誘い文句は間違いなく相手にしてはいけません。

未だに「限定10人に稼げる方法教えます」みたいな売り文句で誘ってくるサクラもいますが、そういったものも同じ部類なので注意しておきましょう。

最近は会ったときに数人の男性が来ており、ネットワークビジネスに勧誘されたというパターン、自宅に行ったら実は事務所で契約書を書かされたという被害もあります。

そういった男性の場合はやたらとフレンドリーであったり、お金まわりのことを質問してきたり、下心がない感じを押し出してくるので、分かり辛い面もありそういった意味でも被害がなくならないようです。

どちらにしても出会い系で募集している仕事やバイトはグレー系やブラック系なので、相手にしてはいけませんし、会ってからでは中々断りにくいので気をつけておきましょう。

まとめ

女性の場合は被害になっても泣き寝入りする人が多く、男性と違って警戒しておくべき点も多いので、必ず優良な出会い系を選ぶ必要があります。

男性の中にも誠実な人は必ずいるので、そういった相手を見極める・選べる知識や目を女性側も持っておきましょう。

安全な出会い系の紹介記事はコチラ