迷惑メール対策!悪質な出会い系や業者に対して有効な対処方法

迷惑メールに驚く女性

悪質出会い系サイトや意味不明の業者からの「迷惑メール」を面倒に感じている人が多いと思いますが、ほとんど場合サイトやアプリを利用した際に、個人情報が業者へ売られてしまったことが原因です。

しかし、一部の人は何かしら後ろめたいサイトやアプリを利用しており、それが原因で迷惑メールがきています。そして、そういった一部の人の更にごく一部が、迷惑メールでの詐欺に引っ掛かったり、架空請求でお金を支払っているという現実があります。

勿論、払う必要のないものは払う必要がありませんし、詐欺に合うことがないように迷惑メールへの対策や防止方法は知っておきましょう。

注目度No1のアプリ

1600万人の登録数を誇る出会いアプリ「ハッピーメール」。簡単無料登録でFacebookからの登録も可能。ど。24時間のサポート体制で安心して利用できて、男性のみでなく女性にもおすすめ。1度体験してみてください。

迷惑メールは犯罪行為

日本では2010年に特定電子メール法が改正され、同意がない広告メールの配信は禁止されているのが現状です。しかし、そんな法律は知るか!といわんばかりに業者からの迷惑メールが撲滅することはなく、現在でも普通に送られてくると思います。

人によって判断が難しいとは思いますが、日々多くの迷惑メールが送られてきており、それに迷惑しているという人も非常に多いでしょう。

ではなぜ迷惑メールを送るのか?犯罪であるにも関わらず、平気で送るには理由があるので紹介しておきます。

迷惑メールの目的とは?

迷惑メールの目的は詐欺が主だと思われていますが、それだけではなく以下のような理由もあります。

  • 自社・系列・誘導先のサイトを利用させる
  • 架空請求で入金させる
  • メールアドレスの転売目的

主にこの3つが理由となっており、悪質サイトや詐欺グループが自ら迷惑メールを送信していることはあまりなく、そういった業者がメールを送る専門の業者へ依頼していることが多いです。

アドレスや個人情報が漏れるきっかけ

大きい業者になると自社でしている場合もありますが、少なくとも部署のようなもので別れており、アドレスの転売をする為の営業マンもいるほどです。

その営業マンなどがどこから個人情報を手に入れるのか?と疑問に思うでしょうが、以下のような場合は個人情報を売られていることが多いです。

  • 迷惑メールへ返信・停止メールを送った
  • 迷惑メール内のURLへアクセスした
  • 出会い系サイト・掲示板へ登録や書き込みをした
  • ブログやSNSでアドレスを掲載している
  • ショッピングサイトで買い物
  • セール情報や懸賞・モニターに登録
  • 無料ダウンロードサイトへ登録

かなり多いので驚かれるかもしれませんが、こういったことをしている場合は高確率で個人情報が売られています。

目的によって転売価格は様々ですが、メルマガ登録者の情報であれば1件0.5円、闇金サイトや借金まみれの方や債務整理をしている方の個人情報などは数百円といった感じで非常に高く売られているのが現状です。

迷惑メールの対策・対処方法

ドメイン拒否やアドレス変更では一向に収まることがない迷惑メールに嫌気が差している人も多いでしょうが、対策方法がいくつかあるので覚えておきましょう。

1番簡単にできるのは「開かない・読まない・反応しない」ことでアクセスや返信、更に退会申請や配信停止はおすすめしません。

迂闊にアクセスしてしまうとスマホやPCの端末データが分かってしまいますし、退会や停止のメールなどはアドレスなどの個人情報が漏れてしまいます。

それではどうしようもないのか?と思われるかもしれませんが、迷惑メールに関しては「無視して削除」が1番安全な方法なのです。

迷惑メールセンターへ転送する

日本には迷惑メール防止センターという機関があり、そこへ情報を提供されることに関してはどの業者にとっても嫌な事ですし、取り締まられた場合は逮捕もありえます。

提供に関しては自身の氏名・住所・電話番号なども必要なく、きたメールの内容を転送するだけなので、非常に簡単ですし利用しやすいです。

しかし、いつ取り締まるのか?ちゃんと取り締まるのか?というのは相談件数や時期によるので、メールの内容を転送すれば解決するというわけではありません。

出会い系ならば未成年として送る

基本的に送信用のアドレスに返信したところで、業者がそのメールを見る確率は限りなく少ないので、意味がありません。しかし、出会い系の場合は特定商取引法表記にあるお問い合わせ用のアドレスに送ると見る確率がグンと上がります。

ほとんどの出会い系がアドレスに「info@」や「support@」といった表記があるはずで、そのアドレスへ「18歳未満であること」を強調してメールをすると迷惑メールがとまります。

悪質な出会い系でも未成年の課金や利用に関してはリスクが高いので、敏感に反応する場合が多く、ほとんどのサイトで利用停止・もしくはアクセス禁止といった処置をしてくれるはずです。この方法で対応してくれない悪徳業者は相当ヤバいと思って良いでしょう。

まとめ

悪質な出会い系からくる迷惑メールへの対策方法を紹介しましたが、1番は見分ける目を持ち悪質なものを利用しないことです。

しかし、安全に配慮していても迷惑メールはくることはあるので、そんな時はこの記事で紹介したことを参考にしてください。

もし、どの方法をとっても出会い系から迷惑メールがくる場合は、非常うに悪質なサイトですので、そういった場合は警察庁の「迷惑メールに関する情報提供」に通報してなるべく早い対応をしてもらうようにしましょう。

サクラに騙されたくないという人は国内で1600万人の登録数を誇る恋愛コミュニティ「ハッピーメール」がおすすめ。簡単無料登録でFacebookからの登録も可能。24時間サポートの安心対応で無料ポイント、無料コンテンツも満載で出会いを満喫できます。とりあえず登録しておいて損はナシ!