新潟県知事が出会い系「ハッピーメール」の利用で売春報道

米山隆一(新潟知事)が出会い系「ハッピーメール」利用で辞任

メディアを騒がせている米山隆一(新潟県知事)の辞任問題、当初は女性問題とだけ報道されていましたが、その内容が実は「出会い系で売春」だったということで大きな報道になっています。

しかも、その出会い系というのが「ハッピーメール」だったということで、ハピメをお薦めしている出会いサポートコムとしては黙っておれず記事にすることにしました。

報道を見ていないという方はもちろん、ハッピーメールをよく知らないという人にも参考にして欲しいと思います。

優良出会いコミュニティ【ハッピーメール】
ハッピーメールの口コミや評判はホント?出会える系か検証!

新潟県知事(米山隆一氏)とは

米山隆一(新潟知事)とは

新潟県知事「米山隆一(よねやまりゅういち)」氏は東大~ハーバード大学~医師となった超エリート街道を歩んだ人物で、医師として14年働いた後、政治家となり2016年に新潟県知事に就任しています。

元々は原発推進派だったにも関わらず選挙前に一転否定派となったのですが、知事選の際は2位に圧倒的な差をつけて当選したのが非常に印象的でした。

しかし、2018年4月16日に「週刊文春」から自身の女性問題が取り沙汰されると、辞意の意向を表明しています。まさに文春砲をくらった形となったわけです。

ハッピーメールを通じて知り合った女性を売春

あらゆるメディアでハッピーメールを通じて女子大生と知り合ったと報道されていますが、実際にどういった経緯だったのか分かりやすい記事があったので掲載しておきます。

米山隆一新潟県知事(50)が出会い系サイトを利用し、複数の女性といわゆる援助交際の関係にあったことがわかった。「週刊文春」の取材に対し、女性の1人・A子さん(22)は、米山氏から1回あたり3万円を受け取っていたことを証言。月に一度ほど会う関係だったことを明かした。女性は名門私立大学の学生だった。

「彼とは出会い系サイト『ハッピーメール』を通じて知り合いました。もちろん、最初からお互い援助交際が目的。彼はお金を持っていそうな雰囲気だったし、『こういうこと(援助交際)に慣れているんだろうな』と感じました」(A子さん)

出展:livedoorNEWS

確かに売春は許されることではありませんが、世の男性たちからするとA子さんに対しての悪い印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

彼女はこの取材でも取材費を受け取っているでしょうし、ある意味美人局と変わりません。米山氏の罰についてはともかく、彼女にも何かしら罰を与える必要があると思います。

知事に立候補した時点でハピメを利用していた

報道によれば新潟県知事に立候補していた時は既にハッピーメールを利用して売春していたというような報道もされています。

都内のラブホテルやシティホテルで会っていたそうなので、それを考えると経費などの使用に関してもひと悶着起きそうな予感もしますし、そんなことがあれば大問題です。

辞任問題でハッピーメールは大丈夫?

ハッピーメールは大丈夫?

こういった問題が起きると間違いなくハッピーメールへとばっちりがいくので、運営元のアイベックはヒヤヒヤしているでしょうし、そのあたりは出会いサポートコムとしても懸念している部分です。

セキュリティ対策やNGワードなど、そのあたりがしっかりしていればこういった問題は起きてなかったのではないか?と言ってくる人たちがいるでしょうし、そう言われることで規約や機能制限が増えるのは利用者として非常に困ります。

さらに政治家や警察が出会い系業界への圧力をかけたりと、そういった場面を何度も見てきた身としてはこのままこの報道が終わって欲しいと願うばかりです。

会員が増えすぎると質が落ちる

既に利用している会員は同性のライバルが増えることを好ましく思わないでしょうし、こういった報道で一時的にハッピーメールの会員数が増えることを懸念しているでしょう

また、売春目的の女性の温床となるのも避けたいところですので、運営側にはしっかり対策もお願いしたいところです。

ハッピーメール「唯一のメリット」

出会いサポートコムとしてはランキングなどでもハッピーメールをおすすめしている為、きちんと存続して欲しいと願いつつも、この件で1つだけメリットとなった点があります。

それはハッピーメールが出会える出会い系だということを世間が理解したことです。しかも、利用していた米山氏は50歳で複数人の女子大学生とヤッちゃっているわけですから、ハッピーメールを利用してみようという男性は増えるでしょう。

サクラばかりでは?と思っていた方たちや出会いを諦めていた中年男性に対しては勇気と希望を与えたともいえますし、その点のみがこの一連の報道で救われた点です。

とはいえ、出会い系が全て安全なわけでも出会えるわけでもないので、その辺りは慎重に利用する出会い系を選んで欲しいと思います。

Twitterではハッピーメールがトレンド1位

Twitterではハッピーメールがトレンド1位

この一連の報道と米山氏の記者会見後にはツイッターのトレンドで「ハッピーメール」が1位になるほど騒がれています。尚、ハッピーメールではアクセスが多すぎてサーバーが落ちたりしているようです。

そんな騒ぎになるほどの中、SNSでは一体どんな反応だったのか載せておきます。

やはり意外と否定的な意見というのは少ないようにも感じますし、同情している人も多くいました。どちらにしても気の毒なのは米山氏を支持していた方たちでしょう。

まとめ

この件に関しては米山氏へ票を入れた方たちは怒って当然ですし、憤りを感じるでしょう。しかし、これによって出会い系全体が弾圧を受けることは避けて欲しいと思います。

長く出会い系業界を見てきた私としては、こういった後は必ず何かしら規制などが入るので早く鎮火して欲しいと思いますし、論点を間違えないようにしていただきたいです。

注目度No1のアプリ

1600万人の登録数を誇る出会いアプリ「ハッピーメール」。簡単無料登録でFacebookからの登録も可能。ど。24時間のサポート体制で安心して利用できて、男性のみでなく女性にもおすすめ。1度体験してみてください。