出会い系アプリ被害の実態公開!サクラ業者のインタビューあり

出会い系アプリ・被害

出会い系サイトや出会いアプリを運営している悪徳業者から実際に利用しているユーザーがどう見えているのか?というのは知らない人がほとんどです。

メディアや雑誌などでその裏側が紹介されていたりもしますが、ほとんどの人が把握しているのは普通のオフィスでサクラがPCに向かい、メッセージやメールの返信をしている。という場面ではないでしょうか。

では、そのPC上では利用しているユーザーがどう見えているのか?今回はトップシークレット必須の情報を提供してもらったので、現役で働く出会い系のサクラのインタビューを添えて紹介しておきます。

注目度No1のアプリ

1600万人の登録数を誇る出会いアプリ「ハッピーメール」。簡単無料登録でFacebookからの登録も可能。ど。24時間のサポート体制で安心して利用できて、男性のみでなく女性にもおすすめ。1度体験してみてください。

出会い系で働くサクラへインタビュー

男性の手元

今回、この記事を書くにあたり昔の知り合いを伝い、今現在も運営している出会いアプリでバイトをしている男性を紹介してもらいました。

彼の個人情報やアプリ名などは公開しないことを約束にリアルな出会い系業者の実態を聞き、そして本来なら漏洩してはいけない画像まで頂きました。

私としては彼との約束があるので必要以上は公開ができませんが、可能な限りを掲載しておくので、出会い系で騙されているかと思っている人や不安になっている人は参考にして欲しいと思います。

現役のサクラに色々と質問してみた

今回、彼から色んな情報を聞くことができましたが、まずは簡単なことだけ質問して答えてもらったので、紹介しておきます。

質問
現在の年齢は?
サクラ
27歳です。
質問
仕事はサクラのみ?
サクラ
インディーズのバンドで楽器を担当しています。
質問
サクラでの収入は?
サクラ
時給1200円で、バンドのツアーやライブが少ないときで大体25万前後もらえます。
質問
出会い系業界は長いの?
サクラ
20歳になる前に東京に出てきて先輩の紹介で入ってからなので8年くらいです。
質問
その先輩は地元の先輩とか?
サクラ
そうです。バンドの先輩で東京に出てきてバイトの相談をしたら「バンドしながら稼げる仕事あるよ」と言われて、その日に面接行ってそのままオペさせられました(笑)
質問
サクラ業界あるあるですねwww結構その場で採用してPCの前に連れて行かれるパターンは多いですもんね。
質問
将来に不安とか、罪の意識はない?
サクラ
不安はありますけど、周りも似たような感じなので麻痺しているというのが大きいかと・・・罪に対しても同じでPC上だと相手が見えないし、リアリティはないかもしれないです。会社内でも騙されるほうがバカというイメージがあると思います。

インタビューをして感じたのは、出会い系業界で働いている人の多くはこういう感じの人が多いです。そして、彼の言っていることも充分に理解ができます。

私も10年ほど出会い系業界で働きましたが、今現在普通に企業で仕事をしていることが不思議に感じるほどですし、きちんと社会復帰して一般企業に勤めているという人はあまりいません。

楽をしてとは言いませんが、こういった職種でお金を生み出そうとする人はその後も抜け出せないか、出会い系から撤退した人のもとでグレーやブラックな仕事をしている場合が多いです。

出会い系の実態公開(返信画面)

返信画面

画像を見てもらえれば分かると思いますが、左がサクラのキャラ。そして右が男性ユーザーからの返事になります。

左の34は現在34通メッセージが来ていますという数字です。業者によって返事の仕方は様々ですが、一気に返したり古い順に返したります。

右の男性からの返信内容に関しては、現在も持ちポイントやメッセージが来た時間、登録時間、そして購入回数などが分かるようになっています。

こうやって見えていると思うとゾッとしませんか?登録してメッセージをしたことで、ここまで個人情報が洩れているわけです。

出会い系を利用した際に分かる個人情報

出会い系のシステム上、運営者・管理者・返信オペレーターなどでユーザーの情報やサイトの情報など、分かる範囲がそれぞれ違います。

これは必要以上に情報を漏らさない為にそれぞれに閲覧できる範囲の権限が決まっている為、偉いくなればなるほど権限が大きくなっていきます。

しかし、バイト(オペレーター)であっても一定のことは分かるようになっており、以下の情報くらいならば分かるようになっています。

ニックネーム
ID(基本的に登録順)
性別
ポイント(持ちポイント・消費ポイント)
ログイン時間・登録日時
購入金額
メッセージ履歴
重要な会話の内容のメモ

末端のオペレーターでも最低でもこれくらいの情報はすぐに見られるようになっているので、悪徳出会い系業者に引っかかるのがどれだけ危険なことか理解できるはずです。

私の経験でもサクラキャラへの返事がきて「同級生だ」「こいつ知っている」という経験は数回あるので、利用する出会い系を選ぶ大切さというのは一般的に考えられているよりも重要なことだと思います。

被害・騙されている人の入金額は?

出会い系・入金者

画像は出会いアプリを利用しているユーザーの管理画面になりますが、見て分かる通りこれまで利用した「入金金額」がとんでもないことになっています。

6万の人もいれば300万以上使っている人もおり、ここまでの金額を使い、さらに個人情報まで漏れた状態でメッセージのやりとりをしているのは怖くありませんか?

最悪、すんなりと辞めれるなら良いですが、ほとんどの人がお金を使えば使うほど「存在していると信じたい」「これだけ使ったんだから会えるはず」という自己暗示をかけてしまいます。

退会・利用停止してもリスクはつきまとう

すんなり退会できる人もいれば、限界まで絞り取られる人もおり、それは人によって様々です。これ以上取ると面倒なことになりそうだなというユーザーはアクセスできないようにしたり、利用停止してりして業者が対応します。

逆にすんなりと停止できた場合でも、実績(利用金額が多い)があるユーザーはその情報自体が高く売れるので、他の業者に情報を売られたり、闇金業者などに売られたりするので注意が必要です。

まとめ

ここまで読んだ人であれば、悪徳業者が運営する出会い系サイトや出会いアプリを利用するのはどれだけ危険性があるか理解できたはずです。

情報というのは売れるし、その後の人生にどんな影響を与えるか分かりません。しかし、それでも異性との出会いというのは人間にとってそれほど魅力的であり、求めるものです。

それならば安全なほうが良いですし、可能な限り危険なリスクは避けて利用したほうが身のためです。今回は現役でサクラをしているオペレーターから情報を聞けたことで、騙された経験がある人や不安な人にとって随分参考になる記事が書けたと思います。

今後もこういった実態記事や普通なら知ることのできない情報は定期的に提供していくので是非出会い系を利用する前に参考にしてほしいと思います。

安全な出会い系の紹介記事はコチラ