出会い系サイトで働くサクラ!バイトの時給や勤務の実態

出会い系サクラのバイト

2000年から2010年くらいにかけて出会い系サイト全盛期の時代、都心部では出会い系サイトでバイトをしているという人がたくさんおり、それこそ都心部のオフィス街などではよく見かけました。

私自身もそんな中の1人でしたので、それを暴露するというのも変な感じではありますが、当時と変わらず現在でもサクラのバイトに精を出している人も多いです。

今回は意外と知られていない出会い系サイトで働くサクラの実態(時給・勤務内容)、そしてバイトしている人達の特徴などについても紹介しておこうと思います。

注目度No1のアプリ

1600万人の登録数を誇る出会いアプリ「ハッピーメール」。簡単無料登録でFacebookからの登録も可能。ど。24時間のサポート体制で安心して利用できて、男性のみでなく女性にもおすすめ。1度体験してみてください。

出会い系で働く人ってどんな人?

出会い系ではどういった人が働いているのか?というのはあまり知らない人が多いかもしれませんが、出会い系全盛の時代にはバンドマン・役者・DJ・役者・お笑い芸人・主婦・大学生など様々な職種の人が働いていました。

当時サクラをしていたバイトの中には、現在海外でライブ活動をしているようなバンドのメンバーや、ゴールデンにも出演しているお笑い芸人・役者などが結構いました。

それこそ、ここに書いたら8割以上の人が知っているであろう芸能人もいますし、そんな人に私が指示を出していた時代もありました。

主婦や大学生が空いた時間でバイトをしたりというのもありますが、中心になっていたのは主に売れないバンドマンなどの夢を追うフリーター達です。

サクラのバイトにフリーター達が多かった理由

上でも述べたように夢を追うフリーター達は、基本的にお金がありませんし、急に予定が入ったりため時間の自由が利くわけでもありません。

そういった生活スタイルに合っていたのがサクラのバイトで、時給がわりと高めで休みの都合がつけやすい、オフィスに通いPCに向かい仕事をすることで、仕事をしている気にもなるという理由が多かったように思えます。

そして、出会い系を運営している会社の社員や幹部などはほとんどがそういった夢を追っていたが、結果的に夢破れた人だったというのも事実です。

サクラのオペは男女比8:2

サクラのバイトをしている人の男女比ですが、基本的に8:2ほどで圧倒的に男性が多い職場ではありますが、女の子が少ないだけに若い女の子だと非常に大事にされたりもします。

しかし、働いている女の子は精神的に病んでいる子が多く、私が知っている女性達もまともに社会復帰をしている人は半分もいかないほどです。

1度サクラの給料やぬるい環境になれてしまうと抜けるのが難しく、なんとなく毎日働いているという人が多いのではないでしょうか。

一目でわかる出会い系で働く人たち

都心部には場所によって「サクラ会社が多い」オフィス街などがあるのですが、そういった場所の近辺を歩いていると、色んな髪の色をした人や格好がだらしない人、パッと見でイカつい人などが歩いています。

オフィス街は土日や祝日は閑散としているのが普通ですが、そういった日でもコンビニからカップラーメンを持って出てきたり、朝9時前後や21時前後に歩いている人がいるはずです。

特に多いのはビィジュアル系のバンドマンですが、そういった風貌の人はすぐにサクラのバイトだなと分かりますし、普通のオフィス街にいるから不思議なものです(笑)

サクラの給料や勤務内容

これを読んでいる方が1番気になるのが、どれくらい給料がもらえるのか?そして、どういった勤務形態なのか?という事でしょうが、時間が長いという事以外は普通の仕事と変わりません。

オフィスに行き、仕事をして終われば帰るといった感じなのですが、サクラのバイト特有ともいえる常識があるので、それらを紹介しておきます。

  • 基本的に12時間の2交代制 (9:00~21:00)と(21:00~9:00)
  • 休憩1時間も時給が発生する
  • 遅刻や欠勤へのペナルティがある

これらのルールはほとんどの出会い系会社が統一しており、実際に私が知っている中でもこのルールがなかった会社はありません。

更に出会い系全盛期には、皆の仲をよくする為に行われる「月1食事会」などがどこの会社でも行われていました。

サクラの給料の目安はいくら位?

出会い系のバイトはお金になると言われますが、メールオペレーター時給は1,000円から1,300円ほどが主で、サイトを管理する「管理者」となると1,300円から1,500円が支払われます。

時給としてはあまり高く感じないかもしれませんが、これを1日12時間で出勤できる限り出勤するわけですから、出勤が多い人になれば30万から40万を稼ぐわけです。

少ない人でも20万以上は稼ぎますから、楽といえば楽に稼げるでしょうし、上にいけば管理者手当て成績手当てなども出るようになります。

実際に私の場合は、管理者としてバイトをしていた時代でも全盛期で50万程、出会い系バブル後でも35万前後を稼いでいたので、バイトという枠でもらえる額ではありません。

幹部になると平均50万から給与

私の会社では社員になると35~40万、幹部クラスになると50万以上というのが普通で誰もが不相応にお金を手にしてように思います。

全盛期はそれ以上もらっていたでしょうし、これだけ出会い系が淘汰された今でも30万以上はもらっているようです。

出会い系運営会社の場合は、上になればなるほど逮捕などのリスクがあるので、それを考えると安いと思う人もいるでしょう。

メールオペレーター募集は出会い系のサクラ

全くサクラだと知らずに応募してくる人もいるのですが、データ入力などと記載していたり、メールオペレーター募集やアプリオペレーター募集というのは100%サクラです。

常識的に考えて服装・髪型・時間が自由なんて夢のような職場はありませんし、そんなものがあるのであれば人気の職業になっているはずです(笑)

しかも、現在サクラをしている人たちはほとんどは古くからサクラをしているベテランが多く、どっぷりと浸かってしまい抜けれない人達ばかりなので、これからサクラをしようという人には絶対おすすめできません。

まとめ

出会い系で働くサクラの実態について紹介しましたが、一般的には知られていないことも多く、ネットでバイトをしたことがあると書いている人を見るとほとんどがバイトで少し働いていた人のようです。

今後、更に詳しいことなどを紹介するかもしれませんが、今回の記事も含めて少しでもサクラのいない出会い系を選んで利用してもらえると良いかと思います。